韓流大好き公務員のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユスンホ君のラブコメ「ロボットじゃない」もうすぐ…。

<<   作成日時 : 2017/11/30 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

12月6日に初放送を控えているMBCの新水木ミニシリーズ『ロボットじゃない(原題)』が、出演俳優の格別な演技情熱を感じることができるビハインドストーリーを電撃公開した。

今まで見られなかったちょっと変わった演技変身を『ロボットじゃない』を通し見せてくれることを予告した俳優ユ・スンホとチェ・スビン、そしてソ・ドンウォンがまさにその主人公だ。

まず、ユ・スンホは今回の作品で生涯初めてのロマンチックコメディに挑戦することになって目と耳を集中させる。特にユ・スンホのラブコメ演技は、彼のファンが最も期待して待ち望んだジャンルだけに“ユ・スンホらしい”ラブコメに対する期待はより一層増している。

引き続きチェ・スビンは演技人生で初めての1人2役に挑戦して新しいイメージ変身に乗り出す。特に人とロボットを行き来する破格的な演技を見せるチェ・スビンは、ラブコメタイムを提示するように見られる。

ドラマに欠かせない名品助演演技で視聴者の熱い愛を受けているソ・ドンウォンもやはり今回の作品のためにダイエットも辞さずに目を引く。ソ・ドンウォンは劇中明晰な頭脳と名門ロースクールを卒業したジアの兄“チョ・ジンペ”役を担ってチェ・スビンと実際の家族に負けないような兄弟ケミストリーを発散する予定だ。
このように作品に向かった俳優の格別の愛情と熱い演技情熱が引き立って見えるビハインドストーリー公開でドラマの放映を待つ視聴者の期待感はより一層増幅されている。

一方、“ロボット”という素材とラブコメの新鮮な組合せで爆発的な関心を集めている『ロボットじゃない』は、12月6日初放送される予定だ。


ユスンホ君の初ラブコメですね。
もうよだれものですわ。時代劇も復讐ものの可哀そうな役も、悪役も。いろいろがんばってきました。
わあ。ついにラブコメですかあ…。

これは見たいですわ。ぜひぜひです。

ところでスンホ君以外は知らんなあ…でして。チェスビンも知らん。ソドンウォンも知らん。
どんなドラマになるんでしょ。
mbcのミニシリーズですね。
早く見たいなあ…。

ところでヤンセジョンやキムジェウクの「愛の温度」が見れそうですが、いまだ古いドラマ「プラハの恋人」なんぞ見ています。意外に古典的な面白さがあります。さすがに「トッケビ」「太陽の末裔」の脚本家ですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こうして、次々出てくれてうれしい限りです。和歌山さんは、パクボコムがドラマや映画に出ないと、ぶつぶつ言ってます。

中身については??よくわからないけど、とても楽しみ。
みよん
2017/12/01 08:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユスンホ君のラブコメ「ロボットじゃない」もうすぐ…。 韓流大好き公務員のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる