テーマ:韓国映画

映画「ミナリ」観てきました。

本日公開の「ミナリ」を観てきました。韓国映画ではありません。アメリカ映画です。韓国系アメリカ人の方が自分の経験をもとに作られた映画です。80年代の話です。韓国からの移民はかなり多かったのですね。この家族は先にカリフォルニアなどにいてその後、アーカンソー州に農業をするためにやってきます。 あとから祖母もやってきます。 80…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「ミナリ」がゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を。

アカデミー賞最有力作の映画『ミナリ』が、2月28日(現地時間)に行われた「第78回ゴールデングローブ賞」で最優秀外国語映画賞を受賞した。 『ミナリ』は、1980年代に希望を求めて“見知らぬ地”アメリカに渡った韓国人家族の特別なストーリーを描いた映画。韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン(韓国名チョン・イサク)監督が演出と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「百頭山」観てみました。

2019年の韓国映画で冬に公開されて大ヒットだったそうです。たまたまDVDがあったので観てみました。百頭山の大噴火で地震も起こり、大災害が起こります。調査するとまだまだ大きな噴火がある…とわかり、なんとか食い止めようと…。 俳優が豪華です。イビョンホンにハジョンウ、マドンソクまで。ハジョンウの嫁がスジです。 地面が割れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒョンビン、映画「共助2」に出演する…。

【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優、ヒョンビンとユ・ヘジンが主演した映画「コンフィデンシャル 共助」(2017年)の続編「共助2:インターナショナル」(原題)が、キャスティングを終えて来月クランクインする。配給会社のCJ ENMが22日、伝えた。 韓国で780万人の観客を動員した「コンフィデンシャル 共助」に出演したヒョンビン、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソンジュンギ、キムテリの映画「スペース スウィーパーズ」のメインポスター公開。

【Pickcon】映画『スペース・スウィーパーズ』のメインポスターが公開された。『スペース・スウィーパーズ』は2092年を舞台に、宇宙ごみ掃除船「勝利号」の船員たちが大量殺傷兵器として知られている人間型ロボットを発見した後、危険な取引にかかわることになるというストーリーを描く作品だ。 韓国初のSF大作映画でして、映画館で公開で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンドンウォンの映画「新感染 半島」観てきました。

4年前のゾンビ映画「新感染 ファイナルエクスプレス」原題「釜山行き」から4年後の世界を描く…。という映画です。 カンドンウォンは軍人。姉夫婦と甥を連れて仁川から船に乗って避難します。もう韓国はゾンビたちで無残な状態…。 行きついたのは香港。姉と甥は船の中でゾンビに襲われてしまい、義兄と香港でだらしなく暮らしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「南山の部長たち」観てみました。

今年の初めに韓国で上映されて、大ヒットとなった映画です。たまたまDVDを見つけて観てみました。日本では来年一月末に上映されるようです。 あらすじは…。 1979年10月26日、大韓民国大統領直属の諜報機関である中央情報部(通称:KCIA)部長キム・ギュピョンが大統領を射殺した。大統領に次ぐ強大な権力と情報を握っていたとも言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新感染半島 ファイナルステージ」来年初めに日本で放映…。

この三連休にふらりと近所の映画館に行くと、パンフレットが置いてありました。あら…。と。 確か「半島」という原題だったと思います。カンドンウォンの主役。見たいなあ…と思っていました。 「新感染 ファイナルエクスプレス」から4年後の世界を描いたらしいです。完全封鎖された「半島」の運命は…とサバイバルアクション映画なんですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソンジュンギ、キムテリの映画「勝利号」、公開できずNetflixに…。

【NEWSIS】俳優ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジン主演のSF映画『勝利号』がNETFLIXで単独公開される。  NETFLIXは20日、映画『勝利号』が世界およそ190カ国に向けて31の言語の字幕を付けて公開されると発表した。公開時期はまだ決まっていない。 240億ウォン(現在のレートで約22億4…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

韓国版「ジョゼと虎と魚たち」公開決定…。

ハン・ジミン、ナム・ジュヒョクが共演する映画『ジョゼ』(原題)の韓国公開日が、12月10日に決定した。 配給会社ワーナー・ブラザース・コリアは11月13日、『ジョゼ』の公開日とともにキャラクタービジュアルを公開。 初めて会った日から忘れられないジョゼ(演者ハン・ジミン)とヨンソク(演者ナム・ジュヒョク)による最も輝く瞬間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「徐福」ポスター公開…。

今年の冬、“特別な同行”を予告する韓国映画『徐福(ソボク)』(原題)の「同行ポスター」が公開された。 同作は、人類最初のクローン人間ソボク(演者パク・ボゴム)と、彼を運ぶという極秘任務に就く元情報局エージェント、ミン・キホン(演者コン・ユ)がさまざまな勢力の追跡を受ける物語。 先日公開されたビジュアルを通じて人生最後の任…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「グエムル 漢江の怪物」という映画…。

昨日、WOWOWでこの映画が無料放送だったので録画して観てみました。ずいぶん前の映画です。今有名なポンジュノの2006年の作品です。珍しく見てなかったんですね。怪獣映画はええかなあ…と思って。 解説は…。 韓国で爆発的なヒットを記録した、ポン・ジュノ監督(「殺人の追憶」)によるパニック・エンタテインメント大作。ソウルの中…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

韓国映画「使者」観てみました。パクソジュン主演。

去年の韓国放映。今年の夏に日本でも放映されていたようです。コロナの為、夏のころは映画館に行ってなくて知りませんでした。たまたまDVDを見つけたんで、見てみました。人気者パクソジュン主演です。 いわゆる「悪魔祓い」映画です。こういうのよくあるやんなあ…と見ながら思いました。韓国映画でもドラマでもこの手の「悪魔祓い」シリーズは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜山国際映画祭閉幕する…。

【釜山聯合ニュース】韓国南東部の釜山で21日に開幕した第25回釜山国際映画祭(BIFF)が30日、閉幕した。今年は新型コロナウイルスの影響で開会式と閉会式を行わず、映画祭のハイライト、レッドカーペットイベントも省略された。 昨年に比べて観客は大幅に減ったものの、座席稼働率は高まり、「安全な映画祭」という記録を残すことになった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本でも共感。「82年生まれ キムジヨン」

今日の毎日新聞の夕刊に結構大きく載っていました。 韓国映画ですがかなりメジャーな映画館で上映されているのに少し驚きです。大阪でも今4つ。奈良でも1つ。 最近韓ドラファンになった知り合いの人まで、「こんな韓国映画やってるの?」と聞きに来ました。 この記事によると、「ジヨン世代」の40歳の女性会社員は「わかるところ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コンユ、パクボゴムの映画「徐福」韓国で12月公開…。

【Pickcon】俳優コン・ユとパク・ボゴムが映画『徐福』で対面した。片やエージェント、片やクローン人間という役での出会いだ。 映画『徐福』が、今年12月の公開を確定させ、1次ポスターを公開した。『徐福』は、人類初のクローン人間「徐福」(パク・ボゴム)を極秘裏に移送する生涯最後の任務を引き受けることになった情報局エージェント「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソジソプのスリラー映画、予告公開…。

映画「自白」のティーザー予告編と最初のスチールが公開された。 「自白」は、密室殺人事件の容疑者として目された有望な実業家ユ・ミンホ(ソ・ジソブ)と、彼の無罪を証明しようとする勝率100%の弁護士ヤン・シネ(キム・ユンジン)が、隠された事件の破片を合わせていきながら繰り広げられるストーリーを描く。 ティーザー予告編は、ユ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「82年生まれ、キムジヨン」観てきました。

待望の映画…というか。本が出てから何度かブログに書いています。著者が東京に来た…というのもうらやましいなあとか思ったものです。 それもブログで書きましたね。https://21378810.at.webry.info/201902/article_11.html そして一年前に韓国で映画化。チョンユミにコンユという夫婦と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キムヘス主演映画「私が死んだ日」11月公開。

【NEWSIS】キム・ヘス&イ・ジョンウン主演の映画『私が死んだ日』が11月公開を確定させた。映画配給会社ワーナー・ブラザース・コリアが29日に明らかにした。  『私が死んだ日』は、遺書1枚だけを残して絶壁の縁に消えた少女と、人生の崖っ縁で事件を追跡する刑事、そして彼女らに手を伸ばす無言の目撃者まで、生き残るための各人各様の選…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソンジュンギ主演SF映画「勝利号」延期に…。

韓国の大型連休である秋夕(チュソク)に合わせ、9月23日に公開を予定していた映画『勝利号』(原題、チョ・ソンヒ監督)が、新型コロナの影響で公開延期を決定した。 8月27日、『勝利号』の制作側は「9月23日に予定されていた『勝利号』の公開を新型コロナ事態により、暫定的に延期する」と述べた。公開日は今後の状況を見守った後、決定する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イジョンジェ、ファンジョンミン主演の映画、一位に…。

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の集計によると、俳優のイ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン主演のアクション映画「ただ悪より救いたまえ」(原題、以下同)が公開初日の5日に観客約34万4000人を動員し、興行成績1位を記録した。売上高全体に占めるシェアは77.2%。 同作品は日本、韓国、タイで殺し屋のインナム(ファン・ジョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンドンウォンの映画「半島」10日間連続一位。

15日から韓国公開の映画「半島」が10日間連続一位で大ヒットらしいです。 内容は…。 4年前、韓国全体を襲った前代未聞の災難から辛うじて脱出したジョンシク(カン・ドンウォン)。香港で暮らしていたが、とあるきっかけで外の世界から完全に孤立した韓国に入り、ミッションを遂行することに。 ジョンシク一行を襲撃するのは、人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「新感染ファイナルエクスプレス」の続編が来月から…。「半島」

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で公式選出された韓国のヨン・サンホ監督の「半島」(原題)が、185カ国・地域に販売されたことが、30日分かった。  配給会社によると、「半島」は日本、台湾、シンガポール、香港、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどアジアをはじめ、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ロシアなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユアイン、パクシネの新作映画、制作報告会…。

パク・シネとユ・アインが27日午前、オンライン生中継で行われた映画『#生きている』の制作報告会に出席した。  『#生きている』は、原因不明の症状の人々が攻撃を始めてコントロール不能に陥る中、データ、Wifi、ショートメール、電話など全てが途絶え、一人でマンションに孤立した人々の物語を描く作品で、6月末公開予定だ。 なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パクソジュン、IUと共演の映画、クランクイン…。

韓国歴代興収1位のメガヒット映画『エクストリーム・ジョブ』を手掛けたイ・ビョンホン監督の新作映画『ドリーム』(仮題)が、クランクインした。 『ドリーム』は、選手生命最大の危機に置かれたサッカー選手ホンデと、生まれて初めてボールを取った特別な国家代表選手たちの挑戦を描く愉快なストーリーだ。 映画『使者』やドラマ『梨泰院(イテウォン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンドンウォン、映画「半島」でカムバック…。

俳優カン・ドンウォンが新作を引っさげてカムバックする。 カン・ドンウォンは2018年7月公開作『人狼』(キム・ジウン監督)以来2年ぶりに『半島』(原題、ヨン・サンホ監督)でスクリーンに登場する。『新感染 ファイナル・エクスプレス』(以下、『新感線』)のヨン・サンホ監督とタッグを組み、ゾンビを跳ね除ける戦士に変身する。 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒョンビン、ファンジョンミンの次の映画「交渉」ヨルダンに入国できず、ロケが困難に。

【edaily】新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、映画『交渉』が厳しい状況に陥っている。主なロケ地とされていたヨルダンが韓国人の入国を禁じたからだ。  投資配給を手掛けるメガボックス中央(株)プラスエムは24日、「3月に撮影スケジュールが予定されており、まだ時間はあるが、ヨルダンによる入国禁止措置を受け、制作スタッフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポンジュノ監督、俳優ソンガンホ来日、草彅剛と共に。

俳優の草彅剛が、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督、俳優ソン・ガンホと会い、写真を公開した。  草彅剛は24日、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に、「ポン・ジュノ監督とソン・ガンホさんに会いました。パラサイト最高です! 皆さんも是非劇場に!」という書き込みと共に写真を1枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラサイト」出演者たちが韓国に帰国…。

【NEWSIS】アカデミー4冠を制した映画『パラサイト 半地下の家族』(以下『パラサイト』)の主役らが12日、韓国に凱旋した。  キャストのソン・ガンホ、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ソンギュン、パク・ミョンフン、チャン・ヘジンと制作会社パルンソン・エンターテインメントのクァク・シネ代表、脚本家ハン・ジンウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラサイト」アカデミー賞四冠に輝く…。

【チョソン・ドットコム】ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』(以下『パラサイト』)が、第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞の4冠に輝くという栄誉に浴した。特に作品賞を取ったのは、韓国映画として初めてなのはもちろん、非英語圏の外国語映画としてはアカデミーの歴史上初めてだ。バルンソンE&Aのクァク・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more