チョジョンソク、ユナの映画「EXIT」ヒット中…。

2019081780015_thumb.jpg
映画『EXIT』(イ・サングン監督)が公開から18日目にして観客動員数700万人を超えた。

 『EXIT』は17日午前、通算観客動員数が700万人を突破した(映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)。

 『EXIT』は公開初日に興行成績ランキング1位に上がり、公開から3日目に観客100万人、4日目に200万人、6日目に300万人、8日目に400万人、11日目に500万人、14日目に600万人、18日目に700万人を突破するなど、人気を集めている。

 観客動員数が700万人を突破したことを受け、『EXIT』主演のチョ・ジョンソク、少女時代のユナをはじめ、パク・インファン、キム・ジヨン、ペ・ユラム、ユ・スビン、そしてイ・サングン監督が感謝のあいさつをした。『EXIT』チームは感謝の意味を込めて開催したイベントで、映画を支持してくれた700万人の観客に真心のこもったメッセージを伝えた。

 映画『EXIT』は今夏、あらゆる世代が楽しめる娯楽映画として、スリル満点のアクションシーンと共感できるユーモアの調和によって口コミで評判が広まり、大ヒットする見通しだ。


どんな映画なんでしょね。娯楽超大作という感じですか。スリルあり、アクションあり。コメディ?も。

最近日本では邦画が多くなってきました。といっても面白い洋画が減ったような気がします。ディズニー全盛でして。

そこに韓国映画。なかなかのもんですわ。あのシリーズ1,2の「神と共に」はたいしたもんでした。SFXのすごさ。お金かかってました。
ドラマ同様に海外に売るという輸出産業の一貫なんで、国を挙げての韓流ですわ。

このチョジョンソクの映画、また日本でも公開されるでしょう。来年くらいですかね。

この記事へのコメント