「ただ一つの恋」水木ドラマ、今一位…。

画像

シン・ヘソン&キム・ミョンス出演ドラマ『ただ一つの恋』(KBS第2)が水木ドラマ1位の座を守った。

 6日に放送された『ただ一つの恋』の全国視聴率は第11話が6.9%、第12話が8.7%を記録した(7日、ニールセン・コリア調べ。以下同じ)。これは前日5日放送の第9話6.7%、第10話7.9%を上回る数字で、同時間帯1位だ。

 だが、9時台にドラマ放送枠を移動したMBCの水木ドラマ『ある春の夜に』が『ただ一つの恋』を猛追している。『ある春の夜に』は第11話が6.8%、第12話が8.4%だった。これは、前日放送分の第9話4.5%、第10話6.5%に比べ、それぞれ2.3ポイントと1.9ポイントのアップで、自己最高視聴率をマークした。

 もう1つの水木ドラマ『絶対彼氏』(SBS)は第15話が3.4%、第16話が3.1%だった


シンへソン、がんばりますね。「30だけど18です」も人気でした。
相手役がエルですか…。

ううむ…。二位で追いかけてる「ある春の夜に」がハンジミンとチョンへイン。
私ならチョンへインが好きなんで、こちらがいいかな。

「絶対彼氏」はヨジングでしたか。ウエブ漫画が原作でしたっけ。

どれもこれももうひとつかなあ…。

どうも兵役から戻ってきた人気男優が出る前の谷間のドラマ…という感じですかね。月火ドラマにしても。ぱっとしません。

この記事へのコメント