韓流大好き公務員のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リターン」コヒョンジョン降坂…。

<<   作成日時 : 2018/02/08 21:07   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


今日は驚きのニュースでした。人気ドラマの主演女優のコヒョンジョンが降板するという…

こんな風に記事は書いています…。

女優コ・ヒョンジョンがSBSの水木ドラマ『リターン』から降板することになり、痛手が大きい。

コ・ヒョンジョンは、『リターン』の制作陣との葛藤による不和説が湧きあがった。 チュ・ドンミンPDと意見が合わないことによる葛藤があり、彼を暴行したとまで言われている。 
SBSは女優交代を検討するとし、コ・ヒョンジョンは降板が決定して論争から数時間で主役が空席になった。 

『リターン』は、第1話と第2話が6.7%と8.5%(ニールセンコリア全国基準)でスタートし、その後ずっと上昇して7日に放送された第13話と第14話の視聴率が14.4%と17.4%だった。 水木ドラマ不動の1位で20%突破も時間の問題と見られていただけに、衝撃的な主演女優の降板だった。

新しいキャスティングは易しくないと思われる。 大きな台風が去った場所に入るということ自体が難しく、コ・ヒョンジョンのイメージが定着したチェ・ジャへのキャラクターを替えることも負担になる。 別の女優が演じても、視聴者は集中できるだろうか。

だからと言ってキャラクターを取り除くには大々的な台本修正が必要。 それでも、別の女優をキャスティングするよりは可能性が高い。 『リターン』側は、キャラクターを取り除くことに備えて台本修正に入り、11日に撮影再開の計画。

SBSのドラマ関係者は、「制作陣は、ドラマが元々意図したメッセージをちゃんと伝えるためにチェ・ジャへ役を務める女優を物色するなど、最善の後続対策を論議中。 今後、視聴者の期待を裏切らないように努力する」と、伝えた。

しかし、一度大きな台風に巻き込まれた『リターン』の撮影場が、どれだけ円滑にしっかりと進められるかは未知数。 出演陣の立場も、気が抜けてしまったようだ。  

それよりもっと大きな問題は、視聴者の反発だ。 コ・ヒョンジョン降板のニュースへの書き込みを見ると、「コ・ヒョンジョン降板反対」という内容が大多数。 SBS側を批判する書き込みも多く、『リターン』をもう観ない、という人も多い。 人気ドラマから憎まれるドラマに転落してしまったのだ。 

コ・ヒョンジョンと放送局の間で、誰が過ちを犯したのかについても、いくつかの説がある。 コ・ヒョンジョンが撮影に非協力的だったという話も出ているが、これは確認できていない。 コ・ヒョンジョンがチュPDを暴行したということに関しては、コ・ヒョンジョン側が、「暴行はしていない」と、伝えている。


このドラマはコヒョンジョンのドラマといっていいほどのドラマですよね。
視聴率もよくて、私も是非に見たいと思っていました。

いったい何があったのでしょうかね。プロデューサーと合わなかった。
意見が合わなかったと。以前にもドラマ「大物」でプロデューサーが交代しました。
コヒョンジョンはまあ、大物女優なんで意見をきっとはっきり言うんでしょうねえ。

でもドラマを見る人たちは、コヒョンジョンが出るから見たいわけでして。
やっぱりプロデューサーが変わってほしかったかもです。

もしくは、こういうことが起こる可能性があるなら、コヒョンジョンではなくて言うことを聞く女優をはじめからキャスティングしたらよかったかもです。
視聴率は取れなかったかもですが。

ともかく、今後は視聴率落ちるでしょうなあ。なんだかしらけましたねえ。視聴者不在ですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
嘘のような話ですね。原因は何かわからないけど、この人、個性が強いから、代わりを探すのはむつかしいのではないでしょうか?というか、日本でも、こんな、たまげたこと、あるのでしょうか?愛の温度でも、作家さんは苦労してましたしね。どっちにしろ、急速に、関心が薄れるでしょうね。
チョインソンと出てたドラマは、存在感、ありました。
みよん
2018/02/08 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「リターン」コヒョンジョン降坂…。 韓流大好き公務員のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる